蛇口

マンショントラブル

龍の口から水

水漏れは様々な理由によって水回りで起こるトラブルのことです。
それは一戸建て、オフィス、お店などの店舗でも起こる現象になります。

建物には様々なトラブルがあり、外壁塗装などの塗装も存在しますが、その中でもある水漏れでのトラブルが「マンションの水漏れ」です。
マンションでは一戸建てと違い、自分の住んでいる部屋以外の住人にも被害を与えてしまう可能性があります。
自分が起こしてしまう水漏れもあれば、隣や上の階で起こっている水漏れが自分の部屋にまで影響が出ているというような現象も起きます。
その他にも、マンションが共有している排水管による水漏れもあり、その水が部屋に侵入するということもあります。

マンションで共有している排水管の他にマンションで共有している箇所が様々存在します。
それが、水道管や雨水が流れる雨水樋などの箇所です。
老朽化によるトラブルや、以前では雨水樋に葉っぱやゴミなどが詰まり雨水が通れず、マンション住人の部屋に侵入したということが多く起こりました。

その他にあるのが、マンションの部屋の床の下には排水管があり、その排水管をマンション全体で共有しているという建物が多く存在するということで起こるトラブルです。
排水管の老朽化により水漏れが起こり、多数の部屋で水が侵入していくというものです。
こうなってくると、自分の部屋だけでなく、水漏れが起こっている部屋の住人全体で協力していく修理が必要となってきます。

マンションを契約する際にこういった契約も行っていますので、マンションの管理している人や大家さんに相談するといいでしょう。

用途に合う性質選び

溢れ出た水

住宅や会社の建物でも、季節で起こる環境に対応し耐えています。
台風の強い風や、雨や雪、さらに夏の暑い気温や太陽の日差し、雪の降る冬の寒い季節など、環境に対応しています。
そのため新築で家を立てていてもいつかは劣化していきます。

そこで行うのが、建物の老朽化に対応し建物を安全に長持ちさせるための点検や修理です。
修理で多く見られるのが「水漏れ」「外壁塗装」です。

外壁塗装の修理では、建物自体を新しく見せるために行われている塗装でもありますが、塗装の役割というのも存在します。
外壁塗装を行うことによって、屋根などの鉄部分のサビの進行を抑える効果や、季節やその土地に対応できる塗装で劣化を防ぐ効果、柱などの木材が使われている部分の腐敗を抑える効果など、様々な効果があります。

その外壁塗装の原料の選び方があり、塗装工事を行う年数に合わせた塗装選びです。
一般的に行う外壁塗装工事では、5年程で新しく塗られていきます。
しかし現在の塗装では、その材料の質も上がり、塗装する年数が10年単位で塗り替えられています。

■アクリル・・・油性の性質で色あせがしにくく、気候に強い性質です。5年~10年単位で塗り替えられます。
■ウレタン・・・気候による耐候性や薬品に対する耐久性などの様々に対応出来る性質です。これもアクリル同様の期間で新しく塗装されます。
■フッ素・・・これは他の塗装素材でも一番高価格なものです。汚れも付きにくく、ガラスの素材に似たような性質になっています。塗装は20年単位での塗替えとなります。

その土地や建物に合わせた素材の塗装を行うことで、建物を長持ちさせることが出来るのです。